仮性包茎は手術するべきか?包茎手術のあれこれ【包茎安心治療】

- 日常的には問題のない包茎の種類

日常的には問題のない包茎の種類

あなたは包茎というとどんなものを想像しますか?
なんだか悪い印象を持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、特に病気というわけではありませんし、中には日常的には問題のない包茎の種類もあります。

そういった正しい知識を持つべきでしょう。
まず知っておきたいのは、包茎とくくられる人は、日本の人口の約6割です。
意外な数字ではないでしょうか。
むしろ包茎でない人の方が少ないのです。
なのに包茎が悪い印象を与えるのは、間違っていると言えるでしょう。
特に仮性包茎の人はそんな印象に悩まされる必要はありません。
仮性包茎の人は日常生活に支障をきたすようなものはありませんし、むしろ日本人の大半はこの仮性包茎です。
仮性包茎の人で悩んでいる人は、見た目の問題でしょう。
温泉などで人前にさらすときにみっともないような気分になるからです。
しかし、何度も言いますが、大半は仮性包茎なのです。
なかなか見かけないと思っても、そんなに全員の事を見ているわけではないでしょう。
また、隠している人もいますからね。
性行為時に関しては、その人との関係さえ良好であれば大した問題ではないでしょう。
その人が包茎について理解してくれてさえいれば、しっかりとした関係が築けるでしょう。
もちろん包茎であるメリットはあまりないでしょう。
カントン包茎のようなものであれば痛みが伴ったりするので危険かもしれません。
しかし、包茎自体はそこまで悩む事ではないという事から知っておきましょう。
もしどうしてもコンプレックスである人は手術も考えてもいいでしょう。
この際医者にしっかりと診療してもらって、判断するのがいいでしょう。

仮性は必ずしも手術する必要はない

包茎の人は基本的になんとかして治したいと考えているのではないでしょうか。
しかし、仮性包茎の場合には、何か治療して治すという必要に迫られる必要はありません。

包茎自体がコンプレックスである場合には、手術をする事によってそのコンプレックスが取れるかもしれません。
しかし、特に日常生活に変化はありませんし、手術費用がかかるだけかもしれません。
実際に多くの方が手術を受けますが、これは日常生活に支障があるからではなく、見た目をより美しくするという目的の方が多いです。
仮性包茎は通常時は亀頭が包皮に包まれていて、必要があるときには自分で包皮から亀頭を露出させる事ができます。
そのため、基本的な仮性包茎の治療というのは、通常にも亀頭を露出させるために、包皮の切除を行う事になります。
この際切除であれば手術になりますが、包皮口に癖づける事によっても治療する事ができます。
この場合であれば、自分で治療する事も可能です。包茎手術料金もまたリーズナブルです。
このような癖付けには長期的な目線が必要ですが、入浴時などに自分で癖付けを行う事で、治療する事ができます。
最近では矯正器具のようなものもあります。

亀頭を露出した状態で包皮を維持するようなものです。
これを利用すれば、自分で何かしらの努力をしなくても、つけているだけで矯正する事ができます。
このように仮性包茎は手術の必要がない場合もあります。
自分が努力する事で仮性包茎を治療する事ができます。
もちろん中には手術が必要な場合もあるので、まずは診療を受けましょう。

新着情報

◆2014/03/04
日常的には問題のない包茎の種類の情報を更新しました。
◆2014/02/26
HP管理兼更新担当情報の情報を更新しました。
◆2014/02/26
サイトマップの情報を更新しました。
◆2013/01/11
そんなメリットがないと思うでしょうを新規投稿しました。
◆2013/01/11
痛みを伴いますを新規投稿しました。